放置は絶対にダメ!知っておくべき肩の痛みの原因と治療法

>

加齢による四十肩や五十肩

五十肩の原因とは

正式名称は、肩関節周囲炎。
いわゆる四十肩、五十肩で、加齢が原因で発生する肩の痛みとして知られています。
肩関節周囲炎は医学的には解明されておらず、肩をよく動かす人も動かさない人もなるため、端的に原因を申し上げることができません。
一概には言えませんが、原因だと言われているものを挙げてみると、運動不足、姿勢の悪さ、肩の怪我、肩に負担をかける寝方、老化などがあるそうです。
これらの要因が、肩回りの筋肉の張りや、関節の固まり、腱の炎症などに繋がり、痛みを感じるわけです。
他にも、長時間腕を上げた状態で作業した後に発症した、とか、料理で単調な作業をしている途中になった、という声もあり、日々の生活習慣の積み重ねとは別に、肩を酷使したことで痛みを引き起こす場合もあることがわかります。
しかし若い時にはそんなことにはならなかった、と感じるのであれば、その原因はやはり加齢にあると言わざるを得ませんよね。

年齢を理由に諦めないで!完治を目指そう

年齢が原因ならば仕方ない、と諦めて放置するのは良くありません。
痛みをそのままにしても、おさまるどころか悪化する恐れがあります。
少しでも痛みを感じたら、治療を始めましょう。
肩関節周囲炎には様々な原因があるので、治療が難しい部分があると思います。
しかしきちんと治療すれば、後遺症もあまり出ないそうですし、なにより煩わしさから解放されますので、諦めず取り組みましょう。

主な治療方法として、理学療法、薬物療法、運動療法があります。
温熱療法やけん引療法を含む理学療法、鎮痛剤や内服薬を使用する薬物療法、そして体を動かし筋肉の緩和を促す運動療法です。
初めに病院で注射を打って痛みを取り、次に理学療法で肩の可動域を広げ、そして運動して万全な状態に戻すなど、痛みの程度と治療の段階で方法を変えていくこともお勧めします。
病院、接骨院、整形外科、鍼灸院など、適切な治療を行ってくれる場所を選んでください。


この記事をシェアする